精神保健福祉士のキャリアラダーとワークシート(さくらセット)

 (公社)日本精神保健福祉士協会は、精神保健福祉士があらゆる研鑽方法を活用し、自らの専門職としての資質を高め続けることができる、その仕組みづくりに取り組んでいます。

 精神保健福祉士が力量を高めると、人が、そして地域が変わります。今、多くの人々が、精神疾患や精神障害を抱えることによって、生活を営む上でのさまざまな困難に直面しています。

 私たちは、個人が直面しているメンタルヘルス課題の解決と、類似した課題を抱える人たちへの支援、発生を予防する地域づくりを使命としています。私たちは資質を高めていくことが必要ですが、実際にどうしたらよいのかという具体的な方法は、案外、見えにくいのではないでしょうか。

 そこで、質の高い実践を展開していくために必要となる力量と、実践経験に伴ったレベルを整理しました(キャリアラダー)。自分の今の力量と今後高めていく力量を見通す手がかりとして上手に活用することで、時には停滞・行きつ戻りつしながらも、一歩ずつ資質を向上させていくことができます。

 

精神保健福祉士の資質向上支援を目的に開発した道具(ツール)さくらセット

さくらセット
精神保健福祉士の
キャリアラダー
実践に必要な力量を項目別・レベル(段階)別に表した体系図です PDF/292KB
ワークシート

◆フェイスシート

 将来の目標や具体的な達成課題、実施手順等を記入できる進行管理表です

PDF/102KB

◆振り返りシート

 実施者と振り返り担当者が共有し、定期的に振り返りを行います
 6か月目 PDF/132KB
 12か月目 PDF/138KB
 随時 PDF/132KB
フェイスシート、振り返りシート、記載例等すべて包含したエクセルデータです  Excel/89KB

キャリアラダーを利用する前の事前準備