開催案内

課題別研修/ソーシャルワーク研修2017〜知識や技術を高めよう〜


■研修のお誘い

 お待たせいたしました。今年もやります、「ソーシャルワーク研修2017」。
 本研修も、今年で9回目を迎えますが、今年度は、『冬』と『春』の2開催構成という新たな試みとして開催いたします。
 今回は、本協会において活動しております各委員会およびプロジェクトより企画を募り、選りすぐり、ボリューム満点の10テーマの研修をご準備いたしました。
研修センターとして、各委員会で結集された知見を皆さまに広く提供させていただく機会にもなればと、企画いたしました。皆さまが参加したくなるような、ニーズに適ったテーマがあると自信をもってお届けいたします。
 各テーマ、ラインナップはそれぞれの案内をご覧ください。各テーマに関する内容を丁寧に吟味していただき、是非ご参加くださいますようご案内させていただきます。
 今年も是非、「学び」の積み重ねを! お申込みは先着順でまったなし!

SW研修2017・冬

SW研修2017・春

会場 昭和女子大学(東京都世田谷区太子堂1-7-57
東急田園都市線(半蔵門線直通)「三軒茶屋」駅下車徒歩7分)
林野会館(東京都文京区大塚3-28-7
地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅から徒歩約7分ほか
テーマ

◆2017年12月10日(日)

◆2018年3月17日(土)

◆2018年3月18日(日)

懇親会 12月10日(日) 2018年3月17日(土)
申込締切 10月31日(火) 2018年1月28日(日)
データ抽出日★ 11月2日(木) 2018年1月31日(水)
結果発送日 11月10日(金) 2018年2月9日(金)

★構成員の皆様へ/結果通知は本協会からの郵送物と同じ送付先にお届けします。また参加者名簿も、協会が保有している構成員データにて作成しますので、変更がある方は「データ抽出日の前日」までに変更届をお送りください。とくに送付先を「ご自宅」にされている方は、所属・勤務先データが古い場合がありますので、ご留意ください。


参加費 構成員 1日につき: 5,000円非構成員 1日につき: 7,500円学生 1日につき: 3,000円
※学生のうち「学生会員」は1日につき1,000円
懇親会費 4,000円(オプション)
定員 各50名(先着順。定員になり次第締切。)

※申込書はこちらからダウンロードしてください。 

申込書 事前お伺い
(任意のご提出)
SW研修「冬」 PDF(280KB) WORD(150KB) PDF(155KB) WORD(55KB)
SW研修「春」 PDF(280KB) WORD(165KB)

日程/プログラム(敬称略)

■ソーシャルワーク研修2017・冬(昭和女子大学/2017年12月10日(日))

テーマ1:実践を見える化する方法を学ぼう!

 私たちPSWは精神障害者等を対象とした実践を日々展開していますが、自己研鑽や専門職としての周知、多領域の専門家との連携などを進めていくためには、その実践の成果を発信していく必要があると考えます。また、実践知を見える化したいという意欲をもっている人も少なくないでしょう。しかし、大学を出て早○年…卒論以来、調査研究とはすっかりご無沙汰という方も多いのではないでしょうか。そこで、本研修では基礎的な研究の手法について、グループワークなどを用いながら楽しく学ぶことを目的に開催します。

2017年12月10日(日)

09:45 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始 9:30〜)
09:55 講義「研究とは何か−研究の基礎的枠組みの提示−」(30分)
     講師:岩崎香(早稲田大学人間科学学術院)★
10:25 場面転換(5分)
10:30 講義「質的研究の実例」(60分)
     講師:松本すみ子(東京国際大学)★
11:30 休憩(10分)
11:40 講義「量的研究の実例」(60分)
     講師:山口創生(国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所)★
12:40 昼休み(60分)
13:40 グループワーク「研究課題の設定から研究計画の立案」(90分)
15:10 休憩(10分)
15:20 グループワーク「データを読み解き、表現し、まとめる」(90分)
16:50 閉講式(−17:05)

<終了後、SW研修冬・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会学会誌投稿論文等査読小委員会・査読の在り方検討小委員会

テーマ2:ソーシャルワークの視点から日常業務を再構築しよう〜「精神保健福祉士業務指針」を活用した専門性の確認〜

「精神保健福祉士業務指針」委員会からの研修のお誘い:923KB)

 近年、精神保健福祉士(以下、PSW)の業務は拡大し、多様化、スピード化が進んでいます。目の前の仕事に追われ、日々の業務についてPSWが行う意味を点検する余裕もない状況です。
 本研修では、「精神保健福祉士業務指針」第2版を活用しながら、日常業務をPSWの専門性(価値・理念・包括的視点)に基づいて点検する枠組みを受講者へ示すとともに、受講者各自が、日常業務をPSWが行う意味のある業務として捉え、業務展開できる力を高めることを目的とします。日々の業務に悩み、疑問を感じられている方は、ぜひご参加ください。

2017年12月10日(日)

09:30 開講式(10分)(受付開始 9:15〜)
09:40 オリエンテーション(10分)
09:50 演習1「精神保健福祉士の業務とは?」(30分)
10:20 講義1「精神保健福祉士業務指針」の意義と業務特性(50分)
     講師:岩本操(武蔵野大学 教授)★
11:10 休憩(10分)
11:20 演習2「日常業務の展開で大切な視点とは?その1」(70分)
12:30 昼休み(60分)
13:30 講義2「精神保健福祉士業務指針」の構成と読み方(50分)
     講師:赤畑淳(帝京平成大学 講師)★
14:20 休憩(10分)
14:30 演習3「日常業務の展開で大切な視点とは?その2」(90分)
16:00 休憩(10分)
16:10 報告と共有(30分)
16:40 質疑応答(10分)
16:50 閉講式(−17:05)

<終了後、SW研修冬・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会「精神保健福祉士業務指針」委員会

テーマ3:精神保健福祉士による災害支援活動

組織強化・災害支援体制整備委員会からの研修のお誘い:170KB)

 東日本大震災以降も多くの犠牲者を出す災害が後を絶ちません。災害常襲国に生きる私たちは、未だ災害に襲われていない地域をも「未災」の地ととらえ、「備災」を進めていくことが求められています。平時・災害時を問わず、私たちを必要とする人々の生活は止まることなく、私たちの業務も止まることはありません。
 今回の研修は、被災地支援の国際基準や受援などの最新トピックスを踏まえた、実践的な内容で構成されています。被災地支援経験や過去の研修参加の有無に関わらず、たくさんの皆様方の参加をお待ちしております。

2017年12月10日(日)

09:50 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始 9:35〜)
10:00 講義「被災地支援活動概論」(80分)
     講師:松田聡一郎(ふくしま心のケアセンター)★
11:20 休憩(10分)
11:30 グループワーク「受講動機の確認・共有」(30分)
     ファシリテーター:廣江仁(あんず・あぷりこ)
12:00 昼休み(60分)
13:00 講義「精神保健福祉士の役割 本協会の派遣活動」(30分)
     講師:廣江仁(前掲)★
13:30 休憩(10分)
13:40 グループワーク「被災地支援1 応援」(80分)
     ファシリテーター:島津屋賢子(東京都自閉症協会)★
15:00 休憩(10分)
15:10 グループワーク「被災地支援2 受援」(80分)
     ファシリテーター:松田聡一郎(前掲)
16:30 講義「まとめ」(20分)
16:50 閉講式(−17:05)

<終了後、SW研修冬・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会組織強化・災害支援体制整備委員会

テーマ4:退院後生活環境相談員の業務と視点を見直そう

 2014(平成26)年4月に改正精神保健福祉法が施行され、病院による退院促進の役割を担う退院後生活環境相談員が創設されましたが、以前課題も多い現状にあります。
 本研修では、「精神保健福祉士のための退院後生活環境相談員ガイドライン」を活用し、入院時、入院中、退院支援の方法を学び、退院後生活環境相談員の役割や視点を改めて確認する機会とします。
 また、本研修は、「ガイドライン」を活用した研修を都道府県協会等で実施するためのプログラム提供を兼ねる内容となっています。皆さまの参加をお待ちしています。

2017年12月10日(日)

09:30 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始9:15〜)
09:40 講義T「退院後生活環境相談員の現状と求められるもの」(40分)
     講師:尾形多佳士(さっぽろ香雪病院)
10:20 演習T「入院時及び入院から7日以内の業務」(60分)
     ※演習ごとにガイドラインを活用してポイントを解説します
11:20 休憩(10分)
11:30 演習U「面接とアセスメント」(60分)
12:30 昼休み(60分)
13:30 演習V「退院に向けての取組」(60分)
14:30 休憩(10分)
14:40 演習W「退院支援委員会」(60分)
15:40 休憩(10分)
15:50 講義U「退院後生活環境相談員が大切にしたい視点」(50分)
     講師:岩尾貴(社会福祉法人朋友会)
16:40 閉講式(−16:55)

<終了後、SW研修冬・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会精神医療・権利擁護委員会

※全テーマともにプログラム内容及び講師は、変更となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。


■ソーシャルワーク研修2017・春(林野会館/2018年3月17日(土)・18日(日))

テーマ1:働くことを支える〜産業精神保健福祉分野のPSW養成基礎講座〜

 労働安全衛生法の改正により従業員ストレスチェック制度が実施され、精神保健福祉士を対象として本協会では実施者研修も開催しています。一方、日本における不況の進展や自殺者数の増加に比例するように産業精神保健分野でソーシャルワークを実践する者も増加してきました。そこで、基礎的な知識、技術と価値の再確認を目的とした基礎講座を開催します。
 企業等で働く人と環境を支える精神保健福祉士として、先駆的な取り組みをしている方々の実践をもとに、「働くことを支える」ソーシャルワークについて学びましょう。

2018年3月17日(土)

9:20 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始9:05〜)
9:30 講義「総論:産業精神保健福祉とは」(70分) 
    講師:真船浩介(産業医科大学)★
10:40 休憩(10分)
10:50 「実践報告」産業精神保健福祉の実践紹介(105分)
   ・田村真弓(トランスコスモス株式会社本社管理総括 管理本部ノーマライゼーション推進部採用研修課)
   ・脊尾大雅(秋葉原社会保険労務士事務所)
   ・後藤智行(医療法人学而会 木村病院OMHSテクニカルアドバイザー/医療法人双信会リワークコンサルタント)
コーディネーター:佐藤 恵美(神田東クリニック)★、春日未歩子(ジャパンEAPシステムズ)★
12:35 昼休み(60分)
13:35 演習1:事例を活用した産業精神保健分野のソーシャルワーク演習(80分)
     担当:佐藤恵美(前掲)
14:55 休憩(15分)
15:10 演習2:メンタルヘルスに関するセルフケア(80分)
     担当:春日未歩子(前掲)
16:30 閉講式(−16:45)

<終了後、SW研修春・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会分野別プロジェクト「産業精神保健」メンバー

テーマ2:司法精神保健福祉領域におけるPSWの挑戦〜加害と被害をこえて〜

 司法分野において、精神保健福祉士・社会福祉士による加害者支援・被害者支援への取り組みが各地で始まっていいます。加害者支援及び被害者支援におけるソーシャルワークについて、加害者支援については司法の枠組み中で、当事者の社会復帰のためにどうソーシャルワークを進めていくのか、被害者の精神的な不調への支援や被害によって壊れてしまった生活の再建を図っていく支援とは何かを学ぶ企画です。
 関心をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

2018年3月17日(土)

10:20 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始10:05〜)
10:30 講義1「司法福祉の現状、刑事司法の仕組み、PSWの役割」(90分)
     講師:今福章二(法務省)☆
12:00 昼休み(60分)
13:00 講義2「被害者の理解と支援」「被害者からのビデオメッセージ(調整中)」(90分)
     講師:大岡由佳(武庫川女子大学)★
14:30 休憩(15分)
14:45 シンポジウム「加害者支援・被害者支援の取り組みから(仮)」(120分)
     シンポジスト4人(調整中)
16:45 閉講式(−17:00)

<終了後、SW研修春・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会司法精神保健福祉委員会、☆同委員会助言者

テーマ3:精神保健福祉士として歩んでいくために〜精神保健福祉士の醍醐味とは〜

 クライエントの切実な訴えや家族の逼迫した気持ちに接するも、応えられず、無力さや虚しさを感じたことはありませんか?所属機関から期待される役割や業務内容の違いから、所属機関と専門職との狭間で葛藤や困難を抱えることはないでしょうか?様々な分野で働く精神保健福祉士の実践に触れることで精神保健福祉士の普遍的な視点や価値を再確認し、葛藤や困難と向き合いつつも成長し続ける力とは何か、精神保健福祉士の魅力とは何か、を考える研修を開催したいと思います。新人精神保健福祉士や学生さん、私たちの成長を共に考えませんか?

2018年3月17日(土)

10:00 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始 9:45〜)
10:10 講義「失敗体験から何を学び、どのような工夫につなげたか
     〜葛藤困難と向き合いながらも成長してきた私〜」(110分)
     講師:知名純子(医療法人博友会まるいクリニック)★
     コーディネーター:元井昭紀(NPO法人ミナミナの会 南空知地域生活支援センターりら)★
12:00 昼休み(60分)
13:00 パネルディスカッション「みんなで共有しよう〜精神保健福祉士の醍醐味と私たちの成長〜」(100分)
     パネリスト:
     富岡賢吾(医療法人光陽会 伊都の丘病院)★
     山北佑介(社会福祉法人ぶなの木福祉会 相談支援事業所 ひだまり)★
     濱谷 翼(埼玉県狭山保健所)
     コーディネーター:元井昭紀(前掲)
14:40 休憩(10分)
14:50 グループディスカッション・全体会(100分)
16:30 閉講式(−16:45)

<終了後、SW研修春・全テーマ合同懇親会予定>

★本協会研修企画運営委員会

テーマ4:共生社会の実現に向けて、今こそ地域に目を向けよう!〜高齢精神障害者の途切れない生活のために〜

 高齢精神障害者の支援を行うとき、「65歳の壁」にぶつかることはありませんか? 介護保険サービスや障害福祉サービスの課題、地域の特性による課題、当事者の生活支援の継続性に対する課題等、高齢障害者へのかかわりについてはさまざまな課題が挙げられています。本研修はこれらの課題を共有し、高齢化の問題を精神保健福祉士の実践課題として明確化するとともに、地域共生社会の意義を理解し、制度の枠組みを超えた精神保健福祉士の実践的な取り組みをともに考えることを目的としています。奮ってご参加ください!

2018年3月18日(日)

09:20 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始 9:05〜)
09:30 講義1「地域包括ケアの深化・地域共生社会の意義」(60分)
     講師:佐々木勝則(桜井の里福祉会)★
10:30 休憩(10分)
10:40 講義2「介護保険の動向」(60分)
     講師:岩尾貢(社会福祉法人共友会)
11:40 昼休み(60分)
12:40 実践報告「よりよい生活支援と効果的なかかわりを考える(仮)」(60分)
     報告者:介護支援専門員、医療機関ソーシャルワーカー、相談支援専門員、行政職員等で調整中
13:40 休憩(10分)
13:50 演習・ミニレクチャー(120分)
     ミニレクチャー「地域資源の理解〜発見と創出〜」講師:中野裕紀(サンライフたきの里)★
     演習1「地域資源を考える」・演習2「精神保健福祉の実践課題を考える」
15:50 まとめ(40分)
16:30 閉講式(−16:45)

<懇親会は、前日の3/17に開催します>

★本協会分野別プロジェクト「介護保険」メンバー

テーマ5:ケースワーカーからソーシャルワーカーへ〜個別支援で完結せず、地域ニーズに向き合い地域福祉の向上を目指す〜

 2018(平成30)年制度改正等大きな転換期がまたしても訪れますが、私たちはこうした動向を追い風にし、精神保健福祉の向上に努め続けなければなりません。私たちはソーシャルワーク専門職であり個別支援を基本としながら、そのプロセスを通じて必ず出会う地域のニーズに対し、ソーシャルアクション等を通じ社会変革を促すことも生業です。そのために活用する社会資源の確認、個別支援からソーシャルアクションに至るプロセスの体験的理解等を通じ、個別支援で完結しないソーシャルワーク実践ができるような人材の育成を目指します。

2018年3月18日(日)

09:40 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始 9:25〜)
09:50 演習:「個別支援から地域ニーズ抽出のプロセス―事例検討から地域ニーズを抽出する」
    (160分※途中休憩有)
    進行:地域生活支援推進委員会
12:30 昼休み(60分)
13:30 講義:「最新動向とソーシャルアクション実践―小さな一歩から」(60分)
     講師:岩上洋一(じりつ)★、望月明広(横浜市神奈川区生活支援センター)★
14:30 休憩(15分)
14:45 演習:「ソーシャルアクションへのプロセス―抽出された地域ニーズに対しどうアクションを起こすか、
     最新動向をどう追い風にするか」(105分)
     進行:地域生活支援推進委員会
16:30 まとめ(15分)
16:45 閉講式(−17:00)

<懇親会は、前日の3/17に開催します>

★本協会地域生活支援推進委員会

テーマ6:実習指導者フォローアップ研修〜実習指導の質を高めよう〜

 精神保健福祉士の実習指導者に実習指導者講習会の修了が義務づけられ6年が経過しました。実習指導者講習会は多くの方が受講されましたが、試行錯誤しながらの実習指導が続いているように思われます。
 そこで精神保健福祉士実習指導者講習会修了者を対象に、より質の高い実習指導が行えるためのフォローアップ研修を企画しました。この研修会ではスーパービジョン、実習計画、実習記録を用いた指導、実習評価に焦点を絞り、講師の具体的な実例を取り上げつつ、講義と演習を織り交ぜながら進めていきます。多くの方のご参加をお待ちしております。

2018年3月18日(日)

09:20 開講式・オリエンテーション(10分)(受付開始 9:05〜)
09:30 講義1「精神保健福祉援助実習の状況と今後の課題」(30分)
     講師:齊藤晋治(健康科学大学)★
10:00 場面転換(5分)
10:05 講義2「実習スーパービジョンの効果と活用法」(60分)
     講師:山田伸(青森県立保健大学)
11:05 休憩(10分)
11:15 講義3「私の実習計画書」(90分)
     講師:岡本秀行(埼玉県川口保健所)
12:45 昼休み(60分)
13:45 講義4「実習記録を用いた実習指導」(90分)
     講師 調整中
15:15 休憩(10分)
15:25 講義5「あなたの実習評価をみつめてみましょう」(80分)
     講師:齊藤晋治(前掲)
16:45 閉講式(−17:00)

<懇親会は、前日の3/17に開催します>

★本協会研修企画運営委員会

※全テーマともにプログラム内容及び講師は変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※ソーシャルワーク研修2017・春のいずれかのテーマは、機関誌「精神保健福祉」にて報告予定です。


■開催概要

1.定員 (先着順。定員になり次第締切。)

各50名

2.費用

構成員   1日につき: 5,000円
非構成員 1日につき: 7,500円
学生    1日につき: 3,000円
※学生のうち「学生会員」は1日につき1,000円
※上記費用区分は研修当日時点の立場を基準とします。

懇親会費: 4,000円(オプション)
※懇親会は、ご希望によりお申込みください。

3.対象 次のいずれかに該当する方。

  1. 本協会構成員(2017年度の年会費まで納入済)
  2. ソーシャルワーカー(非構成員)
  3. 精神保健福祉士をめざす学生
※テーマ6は本協会主催を問わず「精神保健福祉士実習指導者講習会」の修了が追加要件です。

4.お申込方法

  1. 「受講申込書」を個人ごとに本協会までFAXしてください(原本保管のこと)。
  2. 研修に係る費用は、受講証と共に送付する払込書にて所定の期限までにご送金ください。

5.変更・参加取消

  1. 変更、取消のご連絡は、各自保管の申込書(原本)を訂正のうえ、改めてFAXしてください。
  2. 原則として受講証送付後の受講取消及び受講費のご返金はできません。ただし、受講費納入後の取消の場合は、研修終了後に当日資料を送付します。

6.その他

  1. 受講者名簿を作成します。名簿には受講者全員のお名前・都道府県名を掲載いたしますが、勤務先名・勤務先所在地・TEL・FAXの掲載の可否は申込書にてお知らせください。
  2. 本研修ではお弁当および宿泊のご用意はありません。
  3. 災害保険等は各自ご加入ください。

<参加申込み先>
「ソーシャルワーク研修2017」係
〒160-0015 東京都新宿区大京町23-3 四谷オーキッドビル7F 公益社団法人日本精神保健福祉士協会
TEL.03-5366-3152 FAX.03-5366-2993 E-mail:office@japsw.or.jp

△トップページへもどる