開催案内

公益財団法人社会福祉振興・試験センター2015年度福祉人材養成・研修助成事業
課題別研修/精神保健福祉士の成長を促す「業務指針」活用法
〜私たちの専門性を伝えるツールとして〜

※PDFファイルをご希望の方は、次をクリックしてください。 申込書PDFファイル(241KB)、申込書WORDファイル(113KB)


Acrobat Readerダウンロードはここをクリック!このページのファイルは、PDF形式で保存しています。
このファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

■研修のお誘い

 精神保健福祉士の“業務”とは、ソーシャルワークの価値や理念を具体的に表す行為です。しかし、度重なる制度改正や現場の複雑さに直面して、日々の業務と理念とのあいだで葛藤やジレンマを感じることはないでしょうか? 「どうするべきなのか」と悩んだり、「これでよいのだろうか」と迷ったりしてはいないでしょうか?

 精神保健福祉士の業務指針は、こうした日常の業務で感じる困難さに対応すべく、私たちの実践の羅針盤として活用するために作成されたものです。本研修は、昨年度公表した「精神保健福祉士の業務指針及び業務分類 第2版」の趣旨と内容を皆様と共有し、業務指針を実践の振り返りに活用する方法をお伝えします。そして、OJTやスーパービジョン、業務管理など業務指針の様々な活用法を検討したいと思います。皆様の積極的なご参加を心よりお待ちしております。


■日程/プログラム(敬称略)

プログラム

10:05 開講式・オリエンテーション(受付開始9:50〜)
10:15 講義1「業務指針の意義と第2版のねらい」(90分) 講師:岩本操(武蔵野大学★)
11:45 調査報告「業務実態調査結果から見る業務指針の位置」(15分) 講師:調整中
12:00 昼休み(60分)
13:00 講義2「業務指針の実践的活用法」(90分) 講師:赤畑淳(帝京平成大学★)
14:30 実践報告「現場における業務指針活用例」(15分) 講師:調整中
14:45 休憩(15分)
15:00 グループワーク(90分)
16:30 全体会・まとめ(30分)
17:00 閉講式(−17:15)

★本協会「精神保健福祉士業務指針」委員 
※プログラムは変更になる場合があります。

日程(2016年) 会場名 締切 結果投函日
1月31日(日) 全国家電会館(東京都文京区湯島3-6-1)
東京メトロ「湯島駅」より徒歩約5分、JR・東京メトロ「御茶ノ水駅」より徒歩約10分
1/4(月) 1/12(火)
2月7日(日) 仙都会館(宮城県仙台市青葉区中央2-2-10)
JR「仙台駅」より徒歩5分
1/6(水) 1/14(木)
3月6日(日) たかつガーデン(大阪府大阪市天王寺区東高津町7-11)
近鉄「大阪上本町駅」から 徒歩 約3分
1/24(日) 2/4(木)

■開催概要

1.定員
 東京都:50名、宮城県・大阪府:40名(先着順。定員になり次第締切。)

2.費用
 構成員 5,000円
 非構成員 7,500円
 学生 3,000円 
 ※学生のうち「学生会員」は1,000円
 ★本研修ではお弁当のご用意はございません。

3.対象 次のいずれかに該当する方

  1. 本協会構成員(2015年度の年会費まで納入済)
  2. ソーシャルワーカー(非構成員)
  3. 精神保健福祉士をめざす学生

4.お申込方法

  1. 「受講申込書」を個人ごとに本協会までFAXしてください(原本保管のこと)。
  2. 研修に係る費用は、参加証と共に送付する払込書にて所定の期限までにご送金ください。

5.変更・参加取消

  1. 変更、取消のご連絡は、各自保管の申込書(原本)を訂正のうえ、改めてFAXしてください。
  2. 原則として参加証送付後の参加取消及び参加費のご返金はできません。ただし、参加費納入後の取消の場合は、研修終了後に当日資料を送付します。

6.その他

  1. 参加者名簿を作成します。名簿には参加者全員のお名前・都道府県名を掲載いたしますが、勤務先名・勤務先所在地・TEL・FAXの掲載の可否は申込書にてお知らせください。
  2. 宿泊のご用意はありません。
  3. 災害保険等は各自ご加入ください。

<参加申込み先>

公益社団法人日本精神保健福祉士協会 「精神保健福祉士の成長を促す『業務指針』活用法」係
 〒160-0015 東京都新宿区大京町23-3 四谷オーキッドビル7F TEL.03-5366-3152 FAX.03-5366-2993 E-mail:office@japsw.or.jp


△トップページへもどる