開催案内

第1回認定成年後見人養成研修−養成研修・課題別研修・追加研修−

日 時/2008年12月4日(木)12:45〜7日(日)17:00
会 場/サンシャインシティ・文化会館(東京都豊島区東池袋3-1-3 文化会館7F/JR池袋駅から徒歩8分/http://www.sunshinecity.co.jp/)
参加費/養成研修:20,000円(12/4〜7 (4日間))/課題別研修:10,000円(12/4・5 (2日間))/追加研修:5,000円(12/7(1日))
主 催/社団法人日本精神保健福祉士協会

※PDFファイルをご希望の方は、次をクリックしてください。 開催案内(470KB)、申込書:PDFファイル(190KB)、WORDファイル(160KB)


Acrobat Readerダウンロードはここをクリック!このページのファイルは、PDF形式で保存しています。
このファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

■研修のお誘い

 2000年にスタートした「成年後見制度」は、自己決定の尊重を理念として掲げ、判断能力が衰えてきたクライエントに対しても「利益を守るため最大限の努力」(倫理綱領)を払うこととしています。 

これまで、精神保健福祉士は、やむを得ない事情から、精神障害者の金銭・貴重品の管理代行などを、利益相反を承知で業務の一部として行ってきました。一方、精神障害者に対する後見人候補者の不足等が現実に生じている中、その専門性の提供への期待は高まりつつあります。また、直接、成年後見人を受任する以外に、家族や関係職種などへの知識・技術の提供も精神保健福祉士に求められています。

 本協会では、第三者である後見人として、この課題に精神保健福祉士が介入する可能性と必要性を認識した上で、今年度より協会認定成年後見人養成研修を実施することと致しました。既に受任中の方はもとより、今後こうした活動に興味・関心のある方も積極的に参加いただけるよう、本研修は2段構えとしております。

 認定成年後見人としての養成研修(4日間)のほか、成年後見制度について精神保健福祉士の立場で学習を深めたい方のための課題別研修(2日間)としての受講も可能です。さらに、昨年度実施した成年後見人養成モデル研修を修了されている方は、追加研修(今年度のみ・1日間)を受講してくださるようご案内いたします。

■日程/プログラム

12月4日(木)養成・課題別研修(1日目) 養成研修 課題別研修 追加研修
12:45
13:00
14:10
15:50
17:20
開講式(受付開始 12:15)
講義1「福祉専門職の成年後見への取り組みの経過と今後の展望」(60分)
講義2「成年後見制度の概要」(90分)
講義3「ソーシャルワークと権利擁護」(90分)
1日目終了 ※懇親会を予定
12月5日(金)養成・課題別研修(2日目)
09:00
10:40
12:10
13:10
14:10
15:20
16:50
講義4「法律に関する基礎知識(1)」(90分) 
講義5「法律に関する基礎知識(2)」(90分) 
昼休み(60分)
講義6「成年後見制度の現況」(60分)
講義7「成年後見人としての倫理」(60分)
演習1「事例研究(1)」(120分)
2日目終了・課題別研修閉講式(-17:15)
12月6日(土)養成研修(3日目)
09:30
10:40
12:10
13:10
14:50
講義8「成年後見人の実務(1)」(60分)
講義9「成年後見人の実務(2)」(90分)
昼休み(60分)
講義10「成年後見人の実務(3)」(90分)
演習2「事例研究(2)」(120分)(3日目終了 16:50)
12月7日(日)養成研修(4日目)・追加研修
09:30
11:10
12:10
13:10
15:40
16:30
講義11「成年後見人体験報告」(90分)
講義12「リスクマネジメント」(60分)
昼休み(60分)
演習3「事例研究(3)」(120分)
総括
養成研修閉講式(-17:00)

※プログラムは変更になる場合があります。


■開催概要

1.定員

 100名(定員になり次第、締切ります)

2.研修に係る費用 ※参加費は、全ての方にかかります。オプションは、ご希望に応じてお申込みください。

参 加 費  養成研修:20,000円、課題別研修:10,000円、追加研修 5,000円

[オプション] 懇親会費   5,000円  お弁当  1,050円/1日
※会場では持ち込み分の10%の請求があるため、お弁当等の持ち込みはできません。なお、会場近郊には飲食店が多数あります。

3.対象

 研修ごとに、受講日において、次の要件をすべて満たす方。

●養成研修(4日間)
  1. 本協会構成員であり入会後5年を超える方(2003年度までの入会者が対象)。
  2. 2008年度までの会費を納入していること。
●課題別研修(2日間)
  1. 本協会構成員であり、2008年度までの会費を納入していること。ただし、非構成員は入会を条件に受講をお受けします。
●追加研修(1日)
  1. 本協会主催の「『成年後見人養成』モデル研修(2007年12月7日〜9日)」を修了した方。
  2. 2008年度までの会費を納入していること。

4.お申込方法

  1. お申し込みは、「受講申込書」に必要事項をご記入のうえ、個人ごとに本協会「第1回認定成年後見人養成研修係」までFAXにてお送りください(原本は必ず保管してください)。
  2. 研修に係る費用は、受講決定通知と共に送付する払込書にて所定の期限までにご送金ください。
  3. 「申込み」の締め切り 2008年10月17日(金)必着
    1. 原則として受講決定通知送付後の参加取り消し及び参加費のご返金はできません。ただし、取り消しの場合には、研修終了後に資料をお送りいたします。
    2. 変更、取り消しのご連絡につきましては、各自が保管されている申込書(原本)を訂正のうえ、改めて「第1回認定成年後見人養成研修 係」までFAXにてお送りください。
    3. 受講決定通知等は、一括して2008年10月24日(金)までにお手元に届くようお送りします。内容をご確認のうえ、研修当日にご持参ください。

5.「養成研修」参加に関しての注意事項

  1. 本研修には「事前課題」として、指定テキストを購入いただいた上で、レポートを作成し、「第1回認定成年後見人養成研修 係」にご送付いただきます。
     <課題内容>事例を読んで、テキストを参考にしながら、成年後見人としての支援方法を考える
  2. 事例とレポート様式は、受講決定通知と共に送付します。このレポート提出が参加の条件となります。
  3. 各自で、次のテキストをご購入ください。
      書籍名「成年後見実務マニュアル―基礎からわかるQ&A (大型本) 」編集:日本社会福祉士会
      出版社:中央法規出版 発行年月:2004年10月 頁:187頁 価格:2,730円(税込)
  4. レポートの提出期限/2008年11月21日(金)必着

6.会場(サンシャインシティ・文化会館(7F))アクセス

 東京メトロ有楽町線 東池袋駅より徒歩3分、JR、東京メトロ、西武池袋線、東武東上線 池袋駅より徒歩8分、都電荒川線 東池袋四丁目停留所より徒歩4分

7.その他

  1. 本研修により後見人として認定された方は、次年度以降、本協会認定成年後見人として受任することをご検討ください。その際には、精神保健福祉士賠償責任保険加入などが条件となります。
  2. 養成研修・課題別研修・追加研修に関する参加者名簿(お名前、勤務先名、勤務先所在地(TEL/FAX))を配布する予定です。本名簿には、参加者全員のお名前を掲載させていただきますが、勤務先名および勤務先所在地につきましては、掲載の可否を受講申込書にてお知らせください。
  3. 本研修では、宿泊のご用意はありませんので、ご自身で手配くださいますようお願いいたします。
  4. 災害保険等は各自ご加入ください。

<参加申込み先>

社団法人日本精神保健福祉士協会「第1回認定成年後見人養成研修」係
 〒160-0015 東京都新宿区大京町23-3 四谷オーキッドビル7F TEL.03-5366-3152 FAX.03-5366-2993 E-mail:office@japsw.or.jp


△トップページへもどる