生涯研修制度

 1.制度の全体像について

 生涯研修制度は、以下の3体系で構成されます。

(1)基幹研修

 本協会への入会からの経過年数に応じた積み上げ式の研修で、原則として全構成員を対象とします。

(2)養成研修

 本協会における各種事業への参画を期待し、特定のテーマに基づくエキスパートを養成する研修です。受講要件は、研修認定精神保健福祉士ないし認定精神保健福祉士であることとし、各養成研修に応じた経験年数等の諸要件があります。

(3)課題別研修

 基幹研修修了の有無は問わず、時宜に適った社会的要請の高いテーマで実施します。構成員を主な対象としますが、テーマにより非構成員にも対象を拡大します。

2.研修修了履歴管理について

 生涯研修制度における研修修了履歴は、会員管理システムと連動して管理し、ご自身で研修修了履歴を管理していただくための「研修修了履歴管理シート」はご入会時にお届けしています。
 なお、本協会で管理され研修る履歴は、本協会を退会した段階ですべて破棄します。


2007年度までの研修体系

開催案内と報告

教育・研修体系(各研修におけるねらいと獲得課題) ※会員ページ

研修のアルバム ※会員ページ

受講者からの研修受講のお誘い


△前のページにもどる