生涯研修制度

更新研修の見直しについて
2016年度から新しい更新研修がスタートします

 2016年1月15日発行の研修センターだより「Start Line(No44)」にてご案内しましたとおり、更新研修は見直しを行い、2016年度から新しくなります。 

 これまで更新研修は、基幹研修を受講されたことのない読み替え認定者が大多数であったことを考慮し、基幹研修Ⅲと同一のプログラムとしていました。2015年度までに読替認定者の多くが初回の更新研修を修了していることを受け、研修センターでは、これまでの研修モニタリングや受講者・ブロック会議等からのお声をもとに、2回目の受講が可能となる2016年度から見直しを行いました。

 構成員の資質向上を重視している本協会では、ぜひともみなさまに更新研修を受講していただき「認定精神保健福祉士」を継続していただきたいと考えています。
 ここでは見直しの内容についてお知らせをいたします。

1.プログラムを見直し、開催日程を1日に

〇新プログラム

時間 内容
09:00 受付開始(15分)
09:15 開講式・オリエンテーション
09:30 講義1.ソーシャルワーク論(120分)
11:30 昼食(60分)
12:30 スーパービジョン(150分)
15:00 休憩(10分)
15:10 演習・全体会(90分)
16:40 閉講式(-17:00)

2.事前レポートの見直し

○レポートが2種類に変わりました

 ピアスーバービジョンのための実践レポートと地域での自身の役割を振り返るレポートの2つのレポートの提出が必要となります。各レポートはPSVと演習で使用します。

○レポートの提出は受講申込書と同時提出となります

○レポート作成の注意事項等を守っているか事前に審査を行います

 審査のポイントは、

となります。

3.受講料は5,000円に

 受講料は6,000円から5,000円となります。受講期限の前年度にご受講いただいた場合は、現行どおり4,000円です。
受講期限年度に受講申込が殺到しないよう、前年度受講にご協力いただいた場合、1,000円お安く受講いただける仕組みとしています。

4.認定の取消

 更新研修を受講期限までに受講しなかった方は、「認定精神保健福祉士」は失効し、基幹研修の修了履歴は消滅します。
 留学や出産・育児等による休会制度をご利用中の方も含め、やむを得ない事由により受講期限までに受講ができない方は、生涯研修制度運営細則に基づき、受講期限延長申請を行うことができます。


△研修センターページへ戻る