大会・学会

第53回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会
第16回日本精神保健福祉士学会学術集会

プレ企画に係る構成員からの企画の募集について

 本協会では、公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会・日本精神保健福祉士学会学術集会(以下「全国大会・学術集会」という。)のプログラムの一環として、全国大会・学術集会メイン企画の前に、「プレ企画」を実施しています。

 本協会では、構成員の皆さまにも全国大会・学術集会の企画立案にご参加いただき、共に学びあえる機会にしていきたいとの想いから、第48回全国大会・第11回学術集会より、全国大会・学術集会のプレ企画において、構成員の皆さまからの企画を募集しております。

 つきましては、来年度に大阪府で開催する第53回全国大会・第16回学術集会におけるプレ企画を募集いたしますので、プレ企画募集要領をご確認のうえ、ご応募をお待ちしています。 

【ご応募に際してのお願い】

 プレ企画の募集は本部企画の一環として募集するものです。現在、本第53回全国大会・第16回学術集会では、プレ企画及びメインプログラムとして次の企画が検討されていますので、なるべく重複しない内容でご応募ください。なお、当該企画は変更もありますことをご承知おきください。

プレ企画(案)

メインプログラム・特別企画(案)


[募集期間]2017年1月27日(金)から2017年3月5日(日)まで


第53回全国大会・第16回学術集会
プレ企画募集要領

1.募集する企画内容等

1)企画内容

 精神保健福祉士の実践や専門技術・知識などを生かした精神保健福祉に関わる講演、シンポジウム、ワークショップ、座談会等(形式は問いません)。

2)実施日

 2017年9月15日(金)の午前

3)時間枠

 120分間

4)予算上限

 原則として20万円(主に講師等への謝金及び交通費、事務諸費)

(留意事項)

2.採用企画数

 1企画

3.応募要件

 次の全項目を満たしている者になります。

  1. 本協会の構成員であること。 ※応募は個人に限らせていただきます。
  2. 2016年度までの会費に未納がないこと。
  3. 第53回全国大会・第16回学術集会に参加可能なこと(ご自身で参加申込手続きを行う必要があります)。
  4. 事務局からの依頼に応じて、開催案内・抄録集等における企画の紹介文章を作成すること。また、企画終了後、第53回全国大会・第16回学術集会報告号となる本協会機関誌「精神保健福祉」の企画報告記事を執筆すること。

4.応募方法

1)必要書類

 「プレ企画提案書(様式1)」及び「プレ企画経費見積書(様式2)」を事務局までEメールで提出してください。なお、送信タイトルに「【プレ企画提案】(代表者のお名前)」を必ず記載してください。

2)提出先

 公益社団法人日本精神保健福祉士協会 事務局
 [E-mail]office@japsw.or.jp
  ※事務局より受信確認後、返信をいたします。1週間以上返信がない場合には、送信エラー等の可能性がありますので、事務局までご連絡ください。

3)その他

 経費の見積もりに際しては、別表「プレ企画謝金等支払基準・交通費等支給細則」を参照してください。
 【ご注意】講師等が非構成員でも、精神保健福祉士の場合には、謝金や交通費は構成員と同様の取扱いとなります。

5.募集期間

 2017年1月27日(金)から2017年3月5日(日)まで

6.留意事項

  1. 企画の採用結果は、第53回全国大会・第16回学術集会企画委員会での選考後、3月27日(月)までに、Eメールにてお知らせいたします。なお、採用企画がない場合もありますことをご了承ください。
  2. 企画内容や会場等の都合を踏まえて、採用企画数を変更することもあります。
  3. 使用会場及び参加定員数は本部事務局及び全国大会・学術集会運営委員会にて決定いたします。ご了承ください。
  4. 当日企画の運営(会場の設営等)については、全国大会・学術集会運営委員会にて行いますが、企画自体の進行(司会・進行)は、原則としてご提案者に担っていただくか、ご担当者を選定いただきます。
    その他、採用された企画の進め方については、別途ご連絡いたします。

[関係資料]


【お問い合わせ】

  公益社団法人日本精神保健福祉士協会 事務局(担当:植木、露ア)
   〒160−0015 東京都新宿区大京町23−3 四谷オーキッドビル7F
    (電 話)03-5366-3152 (FAX)03-5366-2993
    (E-mail)office@japsw.or.jp   (URL)http://www.japsw.or.jp/


△トップページに戻る | 全国大会・学術集会ページに戻る