サポーターズの皆様と、いただいたメッセージ

 本サポーターズ協力金の募集は終了いたしました。
 ご協力いただきましたサポーターズの皆様、誠にありがとうございました。いただきましたお気持ちは、本全国大会・学術集会のために大切に使わせていただきます。

お名前・団体名メッセージ(ご承諾いただいた方のみ掲載)
御滝山 不動院 様心のつらさ・苦しみをいつも聞いて、一緒に寄り添うPSWの皆様を心より尊敬しております。運営委員の皆様の努力によって、最高の全国大会になる事をお祈り申し上げます。
野 勲 様福島大会の成功のため、ご尽力いただき有難うございます。
内海メンタルクリニック 様-
さくら会 様精神保健福祉士の皆さんの益々のご活躍を祈念いたします。

以下、募集詳細です。(現在は募集を終了しています)

サポーターズ大募集!(サポーターズ協力金のお願い)

 本年6月に、福島県郡山市にて第51回全国大会・第14回学術集会(以下、「福島大会」)を開催するため、現在、運営準備を進めております。すでにご参加の申込をしてくださった方は、誠にありがとうございます。

 この度、この福島大会の趣旨に賛同し、応援してくださる個人及び団体の方へ、下記「募金目論見書」内容に基づき、「サポーターズ協力金」を募集いたします。

 福島大会へご参加いただけることが何よりもの応援です。ですが残念ながらご参加がかなわない方も、福島県内の精神保健福祉士に対して応援のお気持ちをお持ちの皆様、ぜひ「サポーターズ」という形で、ご協力くださいますと幸いです。どうぞよろしくお願い申しあげます。

 サポーターズ協力金:1口 3,000円
 ※お一人様何口でもご協力いただけます。

  • 頂いた協力金は、福島大会の開催諸経費に使用いたします。
  • ご協力いただいた皆様につきまして、全国大会ウェブサイト上に、お名前(ハンドルネーム可)とメッセージを掲載させていただきます。(ご承諾いただいた方のみ)
  • 2口以上のご協力を頂いた方には、福島大会後に、記念品をお送りいたします。申込書に必ずご住所を記載してください。

サポーターズ協力金募集チラシ

<申込様式>

サポーターズ申込書Word形式PDF形式

<協力金の入金方法>

 次の口座へお振込みいただくか、問合せ先の「第51回全国大会・第14回学術集会 事務局」まで現金にてお持ち寄りください。

【振込先口座】
金融機関:三菱東京UFJ銀行 新宿通(シンジュクドオリ)支店 (普通)3361786
口座名義:公益社団法人 日本精神保健福祉士協会 全国大会口 会長 柏木 一惠
口座名義ヨミ:シャ)ニホンセイシンホケンフクシシキョウカイ ゼンコクタイカイグチ カイチョウ カシワギカズエ
※恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

<本件に関する問合せ先>

公益社団法人日本精神保健福祉士協会事務局(本部事務局) 担当:植木、露崎
  〒160-0015東京都新宿区大京町23番地3 四谷オーキッドビル7F
  TEL:03-5366-3152 FAX:03-5366-2993 E-mail:office@japsw.or.jp
第51回全国大会・第14回学術集会 事務局 担当:菅野
  〒960-0111福島県福島市丸子字上川原28-73 
  TEL:024-553-1569 FAX:024-553-3816  E-mail:info@fukushima-psw.com

<関連リンク>


使途特定寄付金 募金目論見書

「第51回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会・第14回日本精神保健福祉士学会学術集会」に関わる使途特定寄付金の募集について

1.本使途特定寄付金の名称

 「第51回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会・第14回日本精神保健福祉士学会学術集会 サポーターズ協力金(通称:サポーターズ協力金)」とする。

2.募集総額

 項目8に記した募集期間中に集めた金額とする。

3.募集金額

 1口 3,000 円(口数に制限なし)

4.募集理由

 2015年6月25日〜27日に福島県郡山市で開催する、「第51回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会・第14回日本精神保健福祉士学会学術集会(以下、「第51回全国大会・第14回学術集会」)」の事業実施資金に充当するため。

「公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会」開催事業
 本協会構成員をはじめとした精神保健福祉士の資質向上と精神保健福祉士を含む国民との相互交流等を目的とする。

第51回全国大会・第14回学術集会 テーマ・開催趣旨
「共生・創造・未来 〜はじめよう、ここから!〜」
 今年度は本協会が設立されて51年目になる年です。昨年度は、埼玉県において50周年の全国大会・学術集会が盛大に行われ、50年間の精神保健福祉士の想いと実践を振り返り、次の10年間の我が国の精神保健医療福祉の姿とメルクマールについて深められました。それを受けて、今年が新たな一歩となる年です。それに加え、忘れられない、忘れてはいけない3.11の東日本大震災から、4年が過ぎ5年目の年です。被災に遭われた地域は復興にはまだまだ程遠い状況であり、まして本全国大会・学術集会開催地である福島県は、大津波、大地震、原発事故、風評被害に遭い、他県とは異質な状況にあります。このような状況に在りながらも、みんなが懸命に前を向いて進んでいます。精神保健福祉士もまた、前を向いて進んでいます。
 この様な状況だからこそ、「みんながひとりでは無いんだ」との想いで、障害を持っている人、被災を受けた人、支援をしている人、福島に住んでいる人が「共にガンバって生きている、ここに生きているんだ」という確固たる証を、大震災に遭ったことは「負」では無いんだと、「宝」になるんだという想いを、新たな一歩としての精神保健福祉士の熱い想いを全国の人に示したいと思います。

5.募集対象

 本事業に賛同する個人、法人、法人でない団体

6.申込方法及び支払方法

第51回(公社)日本精神保健福祉士協会全国大会・第14回日本精神保健福祉士学会学術集会 サポーターズ申込書」に必要事項を記入の上、本協会事務局へFAX・Eメールで送付、または第51回全国大会・第14回学術集会事務局に直接提出とする。
 支払は、所定の銀行口座へ振り込むか、第51回全国大会・第14回学術集会事務局へ現金にて支払う。

7.資金使途

 受け入れた寄付金は、第51回全国大会・第14回学術集会の事業経費(適正な募集経費を含む)に100%充当する。

8.募集期間

 2015年4月27日〜2015年6月15日
 ※本協力金の募集は終了しています

9.その他

 本使途特定寄付金を現金にて受領した場合は、必ず領収書を発行する。振込にて受領した場合は、原則として振込時の金融機関における明細票をその代わりとし、申込者の求めに応じて別途領収書を後送する。