お知らせ

<2016/04/18>

【東日本大震災復興支援】全国大会・学術集会(大阪府)での復興支援の製品販売のお知らせと、販売協力員(ボランティア)のお願い

 

公益社団法人日本精神保健福祉士協会 東日本大震災復興支援委員会

 初めに、地震、豪雨と引き続く自然災害により、被害に遭われました皆さまへ、謹んで哀悼の意をお伝え申しあげます。
 多くの方々が日々不安な思いを抱えながら生活をされており、ソーシャルワーカーとしての私たちの在り様を間断なく問い続け、実践を続けていかなければならないと更に強く感じております。

 9月に開催される本協会第53回全国大会・第16回学術集会(以下、「大阪大会」)の会場にて、例年に引き続き、今年も東日本大震災被災地復興支援のための製品販売を行います! 物販にご協力いただける「販売協力員」を募集いたします。

 東日本大震災から6年の時が経ちました。現在約33,000戸以上残る仮設住宅(プレハブ、みなし含めて)で暮らす方々がおり、約9万人の方が全国で避難生活を続けておられます。それぞれの仮の生活が、恒久化してしまうかのような気配に、今何ができるのかを引き続き皆さんと考えて行きたいと思っています。

 今年の大阪大会運営委員会では全国大会の開催に向けて鋭意準備が進められているところですが、そうした思いを持って今年も被災三県の福祉事業所による製品販売を行います。
 大会会場で、参加者の皆さまに被災地で作られた製品を購入していただく事で、被災地に想いを馳せていただき、復興支援の一助となれるようにと実施する事業です。ひとつひとつ心をこめて作られている製品を、お買い求めいただく事が作り手の方々の励みにもなります。ぜひとも皆さま、全国大会・学術集会へご参加いただき、本販売事業にもご協力ください。

 また、当日の物販にあたり、販売ブースで協力していただける方(販売協力員)を募集しております!
大阪大会へ参加される構成員のうち、復興支援に携わりたいという想いをお持ちの方であれば、どなたでも大歓迎です。下記の募集詳細をご確認のうえ、ご応募いただけますと幸いです。
 どうぞよろしくお願いいたします。

<関連リンク>
第53回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会・第16回日本精神保健福祉士学会学術集会ウェブページ
東日本大震災復興支援情報


2017年度東日本大震災・被災地障害者作業所等製品販売事業
販売協力員(ボランティア)募集について

 2017年9月15日、16日に開催される第53回公益社団法人日本精神保健福祉士協会全国大会・第16回日本精神保健福祉士学会学術集会(以下、「大阪大会」)の会場にて、東日本大震災の復興支援の一助として、被災地の作業所等で製造した製品の販売を、本年もこれまでに引き続き実施いたします。本事業は、本協会東日本大震災復興支援委員会が主体となって実施するものです。今回も、岩手県・宮城県・福島県の作業所等の製品を取り扱います。

 つきましては、この販売事業にご協力いただける本協会構成員を募集いたします。大阪大会へ参加される構成員の方で、復興支援に携わりたいという想いをお持ちの方であれば、どなたでも構いません。

 販売ブースでは、現地のPSWが当時の、そして現在までの様子を語りながら販売を行うことを大切にしていきたいと思います。現地の製品に触れ、それに関わる人々と交流し、当日訪れる参加者の皆さんへの販売活動を通して、復興支援に携わってみませんか。

会場及び販売等作業協力依頼日程

大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)(大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51)
2017年
9月14日(木)16:00〜18:00
9月15日(金) 8:30〜16:00(準備、販売、後片づけ)
9月16日(土) 9:00〜17:00(準備、販売、後片づけ)
(注:販売等作業協力依頼日程は会場の都合により変更になる場合があります)

募集人員

1日につき延べ6人×2.5日
*半日を1コマ(約4時間)とし、別紙にて募集を行います。
*同一者が複数のコマを担当することも可能です。

販売員

販売には公益社団法人日本精神保健福祉士協会東日本大震災復興支援委員会の委員が責任者及び販売員として従事します。
今回募集する販売協力員(ボランティア)は、大阪大会に参加する本協会構成員より有志を募り、上記担当者と一緒に販売のお手伝いをしていただきます。お手伝いいただく具体的な内容は
・製品販売に関する会場の開設準備、および撤去
・製品の陳列、販売
・販売促進活動(会場付近でのビラ配り、声かけ)
などとなっております。

経費負担および清算方法

販売協力員(ボランティア)として参加いただいた方には、本協会規定に応じて日当をお支払いいたします。
*日当とは「旅行中の昼食費及びこれに伴う交通費・宿泊料以外の諸雑費に対する、実費弁償として支給される手当」と言われており、労働の対価として支払われる賃金ではありません。

応募方法

別紙の「大阪大会 被災地障害者作業所等製品販売事業 販売協力員申込票(Excel:47KBPDF:202KB)」に必要事項を記入のうえ、メールまたはFAXにて下記担当までお送りください。

公益社団法人日本精神保健福祉士協会 事務局
 全国大会・学術集会担当 露ア葉子
 FAX:03-5366-2993  E-mail:office@japsw.or.jp
 TEL(お問合せ):03-5366-3152

締切:2017年8月25日(金)
*締め切り後8月31日(木)までに、担当者よりご連絡をさせていただきます。期日を過ぎても連絡がない場合には、お手数ですが上記担当者までご連絡をお願いいたします。
*定員充足以後にお申し込みがあった方については、申し訳ありませんがお断りさせていただくこともあります。
*2017年度東日本大震災・被災地障害者作業所等製品販売事業 販売協力員(ボランティア)募集について(PDF:119KB

その他

販売に関する具体的な手順等については別に定め、当日ご説明いたします。


△トップページへ戻る