お知らせ

<2013/05/17>

【社専協】ソーシャルワーク世界定義の見直しに係る進捗状況の報告~第5案が提示されました~

 社会福祉専門職団体協議会(社専協)では、2012年末に国際ソーシャルワーカー連盟(IFSW)事務局長から提示されたソーシャルワーク世界定義の見直しに係る第4案「The Global Definition of The Social Work Profession」に対して、2013年2月5日(火)に日本の意見として提出した旨のご報告(*)をしておりました。

 [*]http://www.japsw.or.jp/backnumber/oshirase/2012/0218.html

 その後、加盟国等からの意見や提案を反映し、2013年3月にIFSWの国際執行委員会と国際ソーシャルワーク学校連盟(IASSW)の理事会の双方によって合意された「現時点の文案」(以下「第5案」とする。)が同年4月に提示されました。

 今後のスケジュールとしては、第5案によって、2013年4月~12月までの最終的な協議段階が正式に始まります。この協議の後、IFSWとIASSWの代表が新たなフィードバックを検討し、それに沿って文案を修正します。その最終的な文案が2014年7月にメルボルンで開催されるIFSWの総会およびIASSWの総会に提出され、会員の投票にかけられることになります。

 社専協としては、今秋には再度意見を表明したいと考えており、社専協構成4団体では、各団体の広報媒体への掲載による周知や本年5~6月に開催される総会、また、7月に開催されるソーシャルワーカーデー2013などの機会も捉え、周知や意見集約等を行いたいと考えております。

 ついては、第5案の社専協国際委員会訳を掲載いたしますので、ご一読ください。

  なお、本記事は、社専協構成4団体で共有しておりますが、本協会構成員の皆さまにおいては、本案へのご意見等がございましたら、8月15日(木)までに電子メール(office@japsw.or.jp)にて件名を「【SW世界定義案意見】」として、お寄せください。


・ 2013年4月に示された第5案(the draft) (原文の後に訳を掲載しています)

[原文] International definition of the social work profession profession

The social work profession facilitates social change and development, social cohesion, and the empowerment and liberation of people. Principles of social justice, human rights, collective responsibility and respect for diversities are central to social work. Underpinned by theories of social work, social sciences, humanities and indigenous knowledges, social work engages people and structures to address life challenges and enhance wellbeing.

The above definition may be amplified at national and/or regional levels.

The following draft ‘commentary’ has not been formally endorsed by the above bodies but is also included in this consultation phases for feedback:

COMMENTARY

The commentary serves to unpack the core concepts used in the definition and is detailed in relation to the social work profession’s core mandates, principles, knowledge and practice.

Core mandates

The social work profession’s core mandates include facilitating social change, social development, social cohesion, and the empowerment and liberation of people.

The social work profession recognizes that interconnected historical, socio-economic, cultural, spatial, political and personal factors serve as opportunities and/or barriers to human wellbeing and development. Structural barriers contribute to the perpetuation of inequalities, discrimination, exploitation and oppression. The development of critical consciousness through reflecting on structural sources of oppression and/or privilege and developing action strategies towards addressing structural and personal barriers are central to emancipatory practice where the goals are the empowerment and liberation of people. In solidarity with those who are disadvantaged, the profession strives to alleviate poverty, liberate the vulnerable and oppressed, and promote social inclusion and social cohesion.

The social change mandate is based on the premise that social work intervention takes place when the current situation, be this at the level of the person, family, small group, community or society, is deemed to be in need of change and development. It is driven by the need to challenge and change those structural conditions that contribute to marginalization, social exclusion and oppression. Social change initiatives recognize the place of human agency in advancing human rights and economic, environmental, and social justice. The profession is equally committed to the maintenance of social stability, insofar as such stability is not used to marginalize, exclude or oppress any particular group of persons.
Social development is conceptualized to mean strategies for intervention, desired end states and a policy framework, the latter in addition to the more popular residual and the institutional frameworks. It is based on holistic biopsychosocial, spiritual assessments and interventions that transcend the micro-macro divide, incorporating multiple system levels and inter-sectorial and inter-professional collaboration. It prioritizes socio-structural and economic development, and does not subscribe to conventional wisdom that economic growth is a prerequisite for social development.

Principles

The overarching principles of social work are respect for the inherent worth and dignity of human beings, doing no harm, respect for diversity and upholding human rights and social justice.‪

Advocating and upholding human rights and social justice is the motivation and justification for social work. The social work profession recognizes that human rights need to coexist alongside collective responsibility. The idea of collective responsibility highlights the reality that individual human rights can only be realized on a day-to-day basis if people take responsibility for each other and the importance of creating reciprocal relationships within communities. Therefore a major focus of social work is to advocate for the rights of people at all levels, and to facilitate outcomes where people take responsibility for each other’s wellbeing, realize and respect the inter-dependence among people and between people and the environment.‬‬‬‬‬

Social work embraces first, second and third generation rights. First generation rights refer to civil and political rights such as free speech and conscience and freedom from torture and arbitrary detention; second generation to socio-economic and cultural rights that include the rights to reasonable levels of education, healthcare, and housing and minority language rights; and third generation rights focus on the natural world and the right to species biodiversity and inter-generational equity. These rights are mutually reinforcing and interdependent, and accommodate both individual and collective rights.

In some instances “doing no harm” and “respect for diversity” may represent conflicting and competing values, for example where in the name of culture the rights, including the right to life, of minority groups such as women and homosexuals, are violated. The Global Standards for Social Work Education and Training deals with this complex issue by advocating that social workers are schooled in a basic human rights approach, with an explanatory note that reads as:
Such an approach might facilitate constructive confrontation and change where certain cultural beliefs, values and traditions violate peoples’ basic human rights. As culture is socially constructed and dynamic, it is subject to deconstruction and change. Such constructive confrontation, deconstruction and change may be facilitated through a tuning into, and an understanding of particular cultural values, beliefs and traditions and via critical and reflective dialogue with members of the cultural group vis-à-vis broader human rights issues.

Knowledge

Social work is both interdisciplinary and transdisciplinary, and draws on a wide array of scientific theories. ‘Science’ is understood in this context in its most basic meaning as ‘knowledge’. Social work draws on its own constantly developing theoretical foundation, as well as theories from other human sciences, including but not limited to community development, social pedagogy, administration, anthropology, ecology, economics, education, management, nursing, psychiatry, psychology, public health, and sociology. The uniqueness of theories in social work is that they are applied and emancipatory. Much of social work theory is co-constructed with service users in an interactive, dialogic process and therefore informed by specific practice environments.

This proposed definition acknowledges that social work is informed not only by specific practice environments and Western theories, but also by indigenous knowledges. Part of the legacy of colonialism is that Western theories and knowledges have been exclusively valorised, and indigenous knowledges have been devalued, discounted, and hegemonised by Western theories and knowledge. The proposed definition attempts to halt and reverse that process by acknowledging that indigenous peoples in each region, country or area carry their own values, ways of knowing, ways of transmitting their knowledges, and have made invaluable contributions to science. Social work seeks to redress historic Western scientific colonialism and hegemony by listening to and learning from indigenous peoples around the world. In this way social work knowledges will be co-created and informed by indigenous peoples, and more appropriately practiced not only in local environments but also internationally. Drawing on the work of the United Nations, the IFSW defines indigenous peoples as follows:

  • They live within (or maintain attachments to) geographically distinct ancestral territories.
  • They tend to maintain distinct social, economic and political institutions within their territories.
  • They typically aspire to remain distinct culturally, geographically and institutionally, rather than assimilate fully into national society.
  • They self-identify as indigenous or tribal.

http://ifsw.org/policies/indigenous-peoples

Practice

The participatory methodology advocated in social work is reflected in “Engages people and structures to address life challenges and enhance wellbeing.” As far as possible social work supports working with rather than for people. Consistent with the social development paradigm, social workers utilize a range of skills, techniques, strategies, principles and activities at various system levels, directed at system maintenance and/or system change efforts. Social work practice spans a range of activities including various forms of therapy and counseling, group work, and community work; policy formulation and analysis; and advocacy and political interventions. From an emancipatory perspective, that this definition supports social work strategies are aimed at increasing people’s hope, self-esteem and creative potential to confront and challenge oppressive power dynamics and structural sources of injustices, thus incorporating into a coherent whole the micro-macro, personal-political dimension of intervention. The holistic focus of social work is universal, but the priorities of social work practice will vary from one country to the next, and from time to time depending on historical, cultural, political and socio-economic conditions.

It is the responsibility of social workers across the world to defend, enrich and realize the values and principles reflected in this definition. A social work definition can only be meaningful when social workers actively commit to its values and vision.

・ 社会福祉専門職協議会国際員会訳

ソーシャルワーク専門職の国際的定義:

 ソーシャルワーク専門職は、社会的な変革と開発、社会的結束、および人々のエンパワメントと解放を促進する。社会正義、人権、集団的責任、多様性の尊重は、ソーシャルワークにとって中心的なものである。ソーシャルワークの理論、社会科学、人文学、および先住民の知に基づき、ソーシャルワークは、人々や組織が生活の課題に取り組みウェルビーイングを向上させるよう関わる。

各国および各リージョンで、上記の定義をさらに拡充してもよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下の「注釈」の文案は、上記の両団体の正式な支持はまだ得ていませんが、これも含めて今回の協議段階でフィードバックを求めます。

注釈

 注釈は、定義に用いられる中核概念を説明し、ソーシャルワーク専門職の中核的使命・原則・知識・実践について詳述するものである。

中核的使命

 ソーシャルワーク専門職の中核的使命には、社会変革・社会開発・社会的結束の促進、および人々のエンパワメントと解放がある。
 ソーシャルワーク専門職は、相互に結び付いた歴史的・社会経済的・文化的・空間的・政治的・個人的要素が人間のウェルビーイングと発展にとってチャンスにも障壁にもなることを認識している。構造的障壁は、不平等・差別・搾取・抑圧の永続をもたらす。抑圧や特権の構造的原因を考察して批判的意識を養い、構造的・個人的障壁に取り組む行動戦略を作ることは、人々のエンパワメントと解放をめざす実践の中心をなす。不利な立場にある人々と連帯しつつ、この専門職は、貧困を減らし、脆弱で抑圧された人々を解放し、社会的包摂と社会的結束を促進すべく努力する。
 社会変革の使命は、個人・家族・小集団・共同体・社会のどのレベルであれ、現状が変革と開発を必要とするとみなされる時、ソーシャルワークが介入することを前提としている。それは、周縁化・社会的排除・抑圧の原因となる構造的条件に挑戦し変革する必要によって突き動かされる。社会変革のイニシアチブは、人権および経済的・環境的・社会的正義の増進において人々の主体性が果たす役割を認識する。また、ソーシャルワーク専門職は、それがいかなる特定の集団の周縁化・排除・抑圧にも利用されない限りにおいて、社会的安定の維持にも同じくらい強く関与する。
 社会開発という概念は、介入のための戦略、最終的にめざす状態、および(通常の残余的および制度的枠組に加えて)政策枠組などの意味をもつ。それは、(ミクロ-マクロの区分を超えて、複数のシステムレベルおよびセクター間・専門職間の協働を統合するような)全体的、生物―心理―社会的、およびスピリチュアルなアセスメントと介入に基づいている。それは社会構造的で経済的な開発に優先権を与えるものであり、経済成長こそが社会開発の前提条件であるという従来の考え方には与しない。

原則

 ソーシャルワークの大原則は、人間の内在的価値と尊厳の尊重、侵害しないこと、多様性の尊重、人権と社会正義の支持である。
 人権と社会正義を主張し支持することは、ソーシャルワークを動機づけ、正当化するものである。ソーシャルワーク専門職は、人権と集団的責任の共存が必要であることを認識する。集団的責任という考えは、人々が互いに責任をもつ限りにおいてのみ人権が日常レベルで実現されるという現実、および共同体の中で互恵的な関係を確立することの重要性を強調する。したがって、ソーシャルワークの主な焦点は、あらゆるレベルにおいて人々の権利を主張すること、および、人々が互いのウェルビーイングに責任をもち、人と人の間、そして人々と環境の間の相互依存を認識し尊重している状態を促進することにある。
 ソーシャルワークは、第一・第二・第三世代の権利を擁護する。第一世代の権利とは、言論や良心の自由、拷問や恣意的拘束からの自由など、市民的・政治的権利を指す。第二世代の権利とは、合理的なレベルの教育・保健医療・住居・少数言語の権利など、社会経済的・文化的権利を指す。第三世代の権利は自然界、生物多様性や世代間平等の権利に焦点を当てる。これらの権利は、互いに補強し依存しあうものであり、個人の権利と集団的権利の両方を含んでいる。
「侵害しないこと」と「多様性の尊重」は、状況によっては、対立し競合することがある。たとえば、女性や同性愛者などのマイノリティの権利(生存権さえも)が文化の名において侵害される場合などである。『ソーシャルワークの教育と訓練の世界的基準』は、ソーシャルワーカーの教育は基本的人権アプローチに基づくべきと主張することによって、この複雑な問題に対処しようとしている。そこには以下の注が付されている。

 文化的信念、価値、および伝統が人々の基本的人権を侵害するところでは、そのようなアプローチ(基本的人権アプローチ)が建設的な対決と変化を促すかもしれない。そもそも文化とは社会的に構成されるダイナミックなものであり、時とともに解体され変化するものである。そのような建設的対決、解体、および変化は、特定の文化的価値・信念・伝統をていねいに理解した上で、人権という(特定の文化よりも)広範な問題に関して、その文化的集団のメンバーと批判的で思慮深い対話を行うことを通して促進されうる。

知識

 ソーシャルワークは、複数の学問分野をまたぎ、それらを超えていくものであり、広範な科学的諸理論を利用する。ここでは「科学」を「知識」というそのもっとも基本的な意味で理解したい。ソーシャルワークは、常に発展し続ける自らの理論的基礎はもちろん、コミュニティ開発・社会教育法・行政学・人類学・生態学・経済学・教育学・運営管理学・看護学・精神医学・心理学・保健学・社会学など、他の人間諸科学の理論をも利用する。ソーシャルワークの理論の独自性は、その応用性と解放志向性にある。多くのソーシャルワーク理論は、サービス利用者との双方向性のある対話的過程を通して共同で作り上げられてきたものであり、それゆえに特定の実践環境から立ち上がったものである。
 ここに提案した定義は、ソーシャルワークは特定の実践環境や西洋の諸理論だけでなく先住民の知識にも拠っていることを認識している。植民地主義の結果、西洋の理論や知識のみが評価され、先住民の知識は西洋の理論や知識によって無価値化され、過小評価され、支配された。この定義案は、どのリージョン・国・領域の先住民の人々も、その独自の価値・知の様式・知識の伝達様式によって科学に対して計り知れない貢献をしてきたことを認め、西洋の支配の過程を終わらせ、反転させようとする。ソーシャルワークは、世界中の先住民の人々の声に耳を傾け学ぶことによって、西洋の歴史的な科学的植民地主義と覇権を是正する。こうして、ソーシャルワークの知識は、先住民の人々と共同で作り出され、ローカルな環境だけでなく国際的レベルでも、より適切に実践されることになるだろう。国連の資料に拠りつつ、IFSWは先住民の人々を以下のように定義している。

http:ifsw.org/policies/indigenous-peoples

実践

 ソーシャルワークの参加重視の方法論は、「人々や組織が生活の課題に取り組みウェルビーイングを向上させるよう関わる」という部分に表現されている。ソーシャルワークは、できる限り、人々のためというより、人々とともに働くことを支持する。社会開発パラダイムにしたがって、ソーシャルワーカーは、システムの維持あるいは変革に向けて、さまざまなシステムレベルで一連のスキル・テクニック・戦略・原則・活動を活用する。ソーシャルワークの実践は、さまざまな形のセラピーやカウンセリング・グループワーク・コミュニティワーク、政策策定や分析、アドボカシーや政治的介入など、広範囲に及ぶ。この定義がソーシャルワークの戦略を支持するのは、解放促進の観点から、抑圧的な権力や不正義の構造的源泉と対決し挑戦する人々の希望・自尊心・創造的潜在力を増大させるためである。こうして、介入のミクロ-マクロ的、個人的-政治的次元は一つの全体に統合されうる。ソーシャルワークの全体性志向は普遍的である。しかし、その一方で、ソーシャルワーク実践の優先権は、国や時代により、歴史的・文化的・政治的・社会経済的条件により、多様である。

 この定義に表現された価値や原則を守り、高め、実現することは、世界中のソーシャルワーカーの責任である。ソーシャルワーカーたちがその価値やビジョンに積極的に関与することによってのみ、ソーシャルワークの定義は意味をもつのである。


社会福祉専門職団体協議会(社専協)
特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会、社団法人日本社会福祉士会、公益社団法人日本医療社会福祉士会、公益社団法人日本精神保健福祉士協会(会長団体)

トップページ